スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模湾マグロキャスティングセミナー

SFPC主催の相模湾マグロキャスティングセミナーの受付を開始します。

奮ってご参加を!定員になりました。

開催日 9月16日(月)
集合時間 am5:00
集合場所 大磯港邦丸駐車場
セミナー協力船 「邦丸」2艇
参加費 13,000円(当日現地で承ります)
募集定員 24名 先着順受付
講師 尾上、佐野、椙尾、瀧上、徳永


詳細

スポンサーサイト

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

第32回ミーティング

本日はプロショップMOGIにて第32回ミーティングでした。

7月駿河湾シイラセミナーの報告
8月の青森マグロセミナー(満員)
9月の相模湾マグロセミナー(まもなく募集開始)
ブログの公開と運営
10月の外房ジギングトーナメントなどを話し合いました。
IMG_0763.jpg

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

シングルフック

S.F.P.Cではシングルフックを推奨しています。
1.jpg


2.jpg



シングルフックを使う理由は
1.スポーツフィッシング先進国ではシングルフックの使用を推奨されている。

2.リリース後の生存率が高い。トレブルは鰓に掛かったり、擦れ掛りで体を傷だらけにすることが多いが、シングルはほとんどカンヌキに掛かります。鰓は魚に取って致命傷です。人間でいえば心臓です。リリース前提の国では生存率の高いリリースを推奨されています。

3.安全性が高い。トレブルはキャスティングのときに同船者に怪我を負わせるケースがあります。また船に上げて外すときに人に刺さることがあります。シングルフックはほとんどカンヌキに掛かっているので船べりで比較的簡単にリリースができます。船上に上げるだけで魚に大きなダメージを与えるので、船べりリリースは魚にとっても良いリリース方法です。

4.ラインブレイク後の生存率が高い。これは水族館関係者から聞いた話ですが、トレブルはまず外れないそうです。でもシングルはやがて外れるか、たとえ口に刺さっていたとしても普通に泳いでいるそうです。トレブルの2本以上が口に掛かると、まず外れないことと口の動きの自由を奪うのでほとんど死亡してしまうそうです。また長いラインを引きずっているだけで魚にとっては大きな負担だそうです。ラインブレイクも魚にとっては致命的となるのです。生き続ければ、やがてフックは錆びてなくなるか、外れます。

そしてフックは先端が内側に曲がっているフックを使うことを推奨します。それは口の中に掛かることを避けるためです。内側を向いているフックは口の中に掛かることが少ないです。鰓は致命傷ですから。また擦れ掛りも減ります。傷だらけ、また血みどろの魚をリリースしても、それはほとんど死んでしまいますからリリースと言うより捨てていると思われても仕方ありません。リリースするなら生存率の高いリリースをするべきです。

また細いラインで大物に挑むことは少しも素晴らしいことではありません。長時間ファイト=リリース後の生存率が下がる。これは研究で証明されてます。細いラインで記録に挑むという行為は人間のエゴ以外の何物でもありません。できる限り短い時間で上げてリリースすることが真のスポーツフィッシングです。

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

駿河湾シイラセミナー

SFPC主催の駿河湾シイラセミナーが7月14日に開催されました。
メーターオーバー続出、大変盛り上がったセミナーになったそうです。
130714_1.jpg


130714_2.jpg



詳細はSFPCホームページのActivitiesよりお入りください。
http://www.sfpc.jp/

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

53キロのGT

5月30日に101キロのクロマグロを釣った酒井さんが9日後に53キロのGTを釣りました。
130608.jpg


釣った人:酒井様
釣った日:6月8日
場所:奄美大島沖
魚種:GT
重さ:53キロ

ロッド:カーペンター ブルーチェイサー BLC83/40
リール:ステラSW 8000HG
ライン:PE6号
リーダー:100lb
先糸:マンユウ40号
ルアー:パンドラ155

船:ビッグデイッパー

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

クロマグロ101キロ

2011年の青森マグロキャスティングセミナーに参加した酒井さんが101キロのクロマグロを釣りました。
130530.jpg


釣った人:酒井様
釣った日:5月30日
場所:玄海灘
魚種:クロマグロ
重さ:101キロ

タックル
ロッド:カーペンター七里86
リール:Newステラ14000
ライン:PE6号
リーダー:ナイロン100ポンド+先糸マンユウ40号
ルアー:カーペンター・BC-γ75
ファイティングタイム:56分
ハーネス無し

船:武蔵丸

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

ブログを開始

SFPCのブログを開始します。

各地からの釣果報告、イベントの開催、セミナーの開催などをお知らせします。

釣果のご報告はE-mail:info@sfpc.jpまで御連絡下さい。

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。